トップページ > タグ > 活性酸素

活性酸素

あらゆる病気の原因は活性酸素にあるといわれています。活性酸素を除去することは、病気予防や老化防止につながります。

免疫力を高めるファイトケミカル

免疫力を高めるファイトケミカル

免疫力を高めてくれるファイトケミカル。

今注目のアスタキサンチンの他にも、たくさんの種類があり、機能・働きもたっぷり!

抗酸化作用や免疫力を高めてくれる成分です。

体がよろこぶファイトケミカルについて紹介します。

『免疫力を高めるファイトケミカル』の続きを読む>>

活性酸素とは

活性酸素とは

私たちが生きていくために欠かせない酸素ですが、その一部が体の中で変化したものが活性酸素。

活性酸素が体に与えるダメージは多大で、老化やガン、生活習慣病の主な原因といわれています。

活性酸素をいかに除去するかが、老化予防・病気予防の鍵です。

『活性酸素とは』の続きを読む>>

活性酸素が増える原因

活性酸素が増える原因

私たちの身の回りにある活性酸素の原因、ストレス・紫外線・環境汚染・タバコ・食べすぎ飲みすぎなど。

活性酸素を多量に発生させると、老化を早め、病気の原因となってしまいます。

『活性酸素が増える原因』の続きを読む>>

がん・老化の原因、活性酸素を分解する酵素

がん・老化の原因、活性酸素を分解する酵素

酵素は私たちにとってなくてはならない存在ですが、食べ物を消化・吸収するだけでなく、活性酸素をやっつけてくれる抗酸化物質SOD(スーパーオキサイドディムスターゼ)も酵素の一種です。

私たちの体内では、加工食品や食品添加物、環境悪化やストレスなどの要因で大量に発生している活性酸素をやっつけるために、酵素が大量に使われてしまっています。

『がん・老化の原因、活性酸素を分解する酵素』の続きを読む>>

【世界一受けたい授業】紫外線・ウイルス・アイメイク 夏の油断が目の万病を招く!?

【世界一受けたい授業】紫外線・ウイルス・アイメイク 夏の油断が目の万病を招く!?

2010年7月31日放送「世界一受けたい授業」紫外線が目に与えるダメージと防止法・白内障について。

白内障の原因の20%が紫外線が原因といわれ、WHO(世界保健機構:World Health Organization)でも、紫外線による健康への害から人々を守る取り組みが行われています。

『【世界一受けたい授業】紫外線・ウイルス・アイメイク 夏の油断が目の万病を招く!?』の続きを読む>>

カロチノイド(カロテノイド)の機能・働き

カロチノイド(カロテノイド)の機能・働き

動植物に含まれる赤・黄・橙の色素で、その種類は500~600あるともいわれています。

カロチノイドの仲間には、エビやカニ・鮭に含まれるアスタキサンチン、目の中の活性酸素対策に役立つルテイン、トマトに含まれるリコピン、赤唐辛子に含まれ脂肪燃焼に役立つカプサイシンなど注目の栄養素があります。

『カロチノイド(カロテノイド)の機能・働き』の続きを読む>>

ルテインの機能・働き

ルテインの機能・働き

目の健康を保つ栄養素として注目のルテイン。

目の組織を傷つける活性酸素を中和してくれる働きから白内障や飛蚊症・黄斑変性への働きも期待されています。

『ルテインの機能・働き』の続きを読む>>

硫黄(イオウ)化合物の機能・働き

硫黄(イオウ)化合物の機能・働き

ファイトケミカルの一種で、強い抗酸化力をもち、免疫力を高めたり、ガンを抑制する働きが確認されています。

にんにくに含まれる硫化アリルやブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンも硫黄化合物の仲間です。

『硫黄(イオウ)化合物の機能・働き』の続きを読む>>

硫化アリルの機能・働き

硫化アリルの機能・働き

たまねぎを切ったときに涙が出るのは硫化アリルに含まれる刺激成分によるもの。

硫化アリルの一種アリシンは強力な殺菌作用と血液をサラサラにする効果があります。

『硫化アリルの機能・働き』の続きを読む>>

リグナンの機能・働き、ゴマ・フラックス(亜麻仁)

リグナンの機能・働き、ゴマ・フラックス(亜麻仁)

ファイトケミカルの一種で、ポリフェノールに分類されるリグナンは、強力な抗酸化作用をもち、脂肪酸の代謝を助ける働きやがん抑制作用など様々な効果が期待できる成分です。

ごまやアマニ(亜麻仁)に多く含まれています。

『リグナンの機能・働き、ゴマ・フラックス(亜麻仁)』の続きを読む>>

初回限定5ドルOFF+ロイヤルティクレジット5%OFF+送料無料セールも実施中
以下のリンクで割引が適用されます。
⇒ アイハーブ日本語サイト

その他にもお得な情報満載です。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

アイハーブセール情報

ページ上部へ