トップページ > タグ > 動脈硬化

動脈硬化

動脈硬化を予防する方法や食事、動脈硬化に関する最新情報を紹介。トランス脂肪酸、悪玉コレステロール、治療や検査、症状など動脈硬化について詳しく解説しています。

トランス脂肪酸に注意★表示義務化の詳細

トランス脂肪酸に注意★表示義務化の詳細

トランス脂肪酸の表示義務化に向けた準備がスタートしました。

マーガリンやショートニングの製造過程で作られ、悪玉コレステロールを増加させるとともに善玉コレステロールを減少させてしまうトランス脂肪酸の表示義務化についての最新情報です。

『トランス脂肪酸に注意★表示義務化の詳細』の続きを読む>>

メタボ、内臓脂肪は色んな悪玉ホルモンを出す

メタボ、内臓脂肪は色んな悪玉ホルモンを出す

脂肪が生産するホルモンには善玉ホルモンのアディポネクチンと悪玉ホルモンのTNF-αなどがあります。

アディポネクチンは糖尿病予防に役立つといわれていますが、内臓脂肪が増えすぎると減少してしまいます。

悪玉ホルモンが過剰に分泌されると、高脂血症、高血糖値、高血圧の原因となってしまいます。

『メタボ、内臓脂肪は色んな悪玉ホルモンを出す』の続きを読む>>

レシチンの機能・働き、レシチンのサプリメント

レシチンの機能・働き、レシチンのサプリメント

レシチンは、動脈硬化や脂肪の代謝に役立つなどの働きをもつ脂質の一種です。

大豆や卵黄などの食品に多く含まれており、レシチンのサプリメントは聖路加国際病院の日野原先生が毎日摂ってることで有名です。

『レシチンの機能・働き、レシチンのサプリメント』の続きを読む>>

内臓脂肪は脈拍100の運動で燃焼、メタボ解消

内臓脂肪は脈拍100の運動で燃焼、メタボ解消

内臓脂肪を燃やす、燃焼させるのに最適なのは脈拍100ぐらいの運動なのだそうです。

強すぎる運動は脂肪が燃えない、弱すぎる運動は効果がない、メタボ解消に効果的な運動で、食べるのをガマンせずにメタボを改善する方法について。

『内臓脂肪は脈拍100の運動で燃焼、メタボ解消』の続きを読む>>

EPA・DHAの機能・働き、サプリメント選びのポイント

EPA・DHAの機能・働き、サプリメント選びのポイント

EPAやDHAには、血液サラサラ、脳・アレルギー・生活習慣病・老化防止などに対する機能・働きがあるといわれています。

DHAとEPAの機能・働きの違いやサプリメントを選ぶポイントなど。

『EPA・DHAの機能・働き、サプリメント選びのポイント』の続きを読む>>

オレイン酸

オレイン酸

オレイン酸といえばオリーブオイル、オメガ9脂肪酸、酸化しにくい一価不飽和脂肪酸に分類されます。

善玉コレステロールを減らすことなく悪玉コレステロールを減少させ、動脈硬化や高血圧などへの効果が確認されています。

『オレイン酸』の続きを読む>>

アラキドン酸

アラキドン酸

アラキドン酸はリノール酸と同じオメガ6脂肪酸の仲間で、体内で合成することのできない必須脂肪酸です。

コレステロールを低下させる働きや脳の若さを保つ働きなどが確認されており、サントリーから「アラビタ」というサプリメントも販売されています。

『アラキドン酸』の続きを読む>>

コレステロールの機能・働き、コレステロールを多く含む食品

コレステロールの機能・働き、コレステロールを多く含む食品

メタボや内臓脂肪・動脈硬化などの原因として悪者扱いされがちなコレステロールですが、実は体にとって大切な欠かせない存在、コレステロールの機能・働きについて。

血液検査のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)とHDLコレステロール(善玉コレステロール)とは。

『コレステロールの機能・働き、コレステロールを多く含む食品』の続きを読む>>

プラークと動脈硬化

プラークと動脈硬化

動脈硬化とは?プラークとは?

コレステロールとマクロファージの関係など、動脈硬化・プラークのできる仕組みについて。

『プラークと動脈硬化』の続きを読む>>

善玉コレステロールのタネ「アポA-Ⅰ」

善玉コレステロールのタネ「アポA-Ⅰ」

善玉コレステロールを引き出す力をもつというアポA-Ⅰについて。

善玉コレステロールが増えると、動脈硬化の予防や改善に役立つといわれています。

『善玉コレステロールのタネ「アポA-Ⅰ」』の続きを読む>>

全員5%OFF+初回限定5%&5ドルOFFダブルの割引クーポン掲載中!+全員ロイヤルティクレジット5%OFF+期間限定40ドル以上で送料無料セールも実施中
以下のリンクで割引が適用されます。
⇒ アイハーブ日本語サイト

その他にもお得な情報満載です。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

アイハーブセール情報

ページ上部へ