トップページ > タグ > がん予防

がん予防

がん予防に関する情報を紹介しています。

まいたけ(マイタケ)の機能・働き

まいたけ(マイタケ)の機能・働き

2010年7月放送の「寿命がのびるワザ百科」で紹介されたまいたけの機能・働き・便秘解消効果・ダイエット効果について。

「スーパーマイタケダイエット」に挑戦した芸能人は8キロ~10キロのダイエットに成功していました。

『まいたけ(マイタケ)の機能・働き』の続きを読む>>

カロチノイド(カロテノイド)の機能・働き

カロチノイド(カロテノイド)の機能・働き

動植物に含まれる赤・黄・橙の色素で、その種類は500~600あるともいわれています。

カロチノイドの仲間には、エビやカニ・鮭に含まれるアスタキサンチン、目の中の活性酸素対策に役立つルテイン、トマトに含まれるリコピン、赤唐辛子に含まれ脂肪燃焼に役立つカプサイシンなど注目の栄養素があります。

『カロチノイド(カロテノイド)の機能・働き』の続きを読む>>

硫化アリルの機能・働き

硫化アリルの機能・働き

たまねぎを切ったときに涙が出るのは硫化アリルに含まれる刺激成分によるもの。

硫化アリルの一種アリシンは強力な殺菌作用と血液をサラサラにする効果があります。

『硫化アリルの機能・働き』の続きを読む>>

アルギン酸(アルギン酸ナトリウム)の機能・働き

アルギン酸(アルギン酸ナトリウム)の機能・働き

アルギン酸は、昆布やわかめなどの海藻類に含まれるヌルヌルした成分です。

水溶性の食物繊維で、便秘解消やコレステロールを低下させる働きがあります。

低分子化したアルギン酸ナトリウムは「コレステロールが高めの方に適する食品」としてトクホ(特定保健用食品)の表示が許可されています。

『アルギン酸(アルギン酸ナトリウム)の機能・働き』の続きを読む>>

ペクチン・りんごペクチンの機能・働き

ペクチン・りんごペクチンの機能・働き

果物や野菜など多くの植物に含まれている天然の水溶性食物繊維のペクチンには様々な健康効果があることがわかっています。

そのなかでもりんごペクチンの機能・働きが高いといわれています。

『ペクチン・りんごペクチンの機能・働き』の続きを読む>>

リグニンの機能・働き

リグニンの機能・働き

リグニンの機能・働き、リグニンを多く含む食品について。

ココアに豊富に含まれるリグニンは、食物繊維の効果とポリフェノールの効果をあわせもつ成分です。

『リグニンの機能・働き』の続きを読む>>

ウコン、がんや心臓病に有効

ウコン、がんや心臓病に有効

最新の研究で、ウコンに含まれるクルクミンががんや心臓病の治療に有効であることがわかったそうです。

ウコンの機能・働きは、ダイエット・便秘解消・肝機能強化などなど・・・個人的にもウコンを毎日飲んでいます。

『ウコン、がんや心臓病に有効』の続きを読む>>

においによって病気を検知、がん探知犬の精度は9割以上

においによって病気を検知、がん探知犬の精度は9割以上

人体の中で謎が多いといわれる嗅覚。

嗅覚を鍛えることで、老化防止になるというのは「ニオイをかげば病気がわかる」の著者、外崎肇一先生。

『においによって病気を検知、がん探知犬の精度は9割以上』の続きを読む>>

イヌリンの機能・働き、イヌリンを多く含む食品

イヌリンの機能・働き、イヌリンを多く含む食品

菊芋やゴボウ、チコリなどに含まれる水溶性の食物繊維イヌリン。

胃で消化されず腸まで届き、腸内細菌によって分解されるとフラクトオリゴ糖になるという性質をもち、腸内環境を改善したり、コレステロール値を低下させたりする効果があります。

『イヌリンの機能・働き、イヌリンを多く含む食品』の続きを読む>>

インドールの機能・働き、インドールを多く含む食品

インドールの機能・働き、インドールを多く含む食品

ブロッコリーや芽キャベツに含まれるファイトケミカルの一種のインドール(インドール-3-カルビノール)。

ブロッコリーといえばスルフォラファンが有名ですが、インドールもスルフォラファンと同じく抗がん作用があることで注目が集まっています。

『インドールの機能・働き、インドールを多く含む食品』の続きを読む>>

初回限定5ドルOFF+ロイヤルティクレジット5%OFF+送料無料セールも実施中
以下のリンクで割引が適用されます。
⇒ アイハーブ日本語サイト

その他にもお得な情報満載です。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

アイハーブセール情報

ページ上部へ