トップページ > 健康・免疫力の用語集

健康・免疫力の用語集

「健康・免疫力の用語集」では、免疫力アップ、老化防止、疲労回復、ダイエットなど、健康的な生活と体を手に入れるために、健康に関する用語を詳しく解説しています。わからない用語が解決し、よりよい生活と健康を手に入れるヒントになりますように。

アミロペクチン

アミロペクチン

アミロペクチンは、うるち米やもち米に含まれるデンプンで、消化が遅い・お米の粘り気を出すという特徴があります。

アミロペクチンが多いと腹持ちがいいので、ダイエットに向いていますが、お米アレルギーの原因にもなるといわれています。

『アミロペクチン』の続きを読む>>

成長ホルモン分泌を促すグレリンとは

成長ホルモン分泌を促すグレリンとは

グレリンは、美容や老化防止に深い関わりのある成長ホルモンの分泌を促進する、胃から分泌されるホルモンです。

国立循環器病センター研究所の寒川所長らによって発見され、この発見により将来のノーベル賞候補といわれています。

『成長ホルモン分泌を促すグレリンとは』の続きを読む>>

オリーブオイル

オリーブオイル

オリーブオイルの機能・働きについて。

不飽和脂肪酸の一種オレイン酸が豊富に含まれるオリーブオイルは、動脈硬化予防や便秘解消に役立ちます。

『オリーブオイル』の続きを読む>>

プレバイオティクスとは

プレバイオティクスとは

オリゴ糖や食物繊維など、腸内の善玉菌を増やす働きのあるプレバイオティクスについて。

プレバイオティクスとは。

『プレバイオティクスとは』の続きを読む>>

コレステロールの機能・働き、コレステロールを多く含む食品

コレステロールの機能・働き、コレステロールを多く含む食品

メタボや内臓脂肪・動脈硬化などの原因として悪者扱いされがちなコレステロールですが、実は体にとって大切な欠かせない存在、コレステロールの機能・働きについて。

血液検査のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)とHDLコレステロール(善玉コレステロール)とは。

『コレステロールの機能・働き、コレステロールを多く含む食品』の続きを読む>>

骨盤底とは~膀胱(ぼうこう)・子宮・直腸下垂の原因

骨盤底とは~膀胱(ぼうこう)・子宮・直腸下垂の原因

骨盤内の子宮・膀胱・直腸を支える、筋肉や靭帯などのハンモック状の組織を、骨盤底といいます。

加齢による筋肉の衰えや出産経験などにより骨盤底の筋力が弱まり、尿漏れや頻尿・子宮脱などの原因になることがあります。

『骨盤底とは~膀胱(ぼうこう)・子宮・直腸下垂の原因』の続きを読む>>

αリポ酸の機能・働き

αリポ酸の機能・働き

ダイエットをサポートしてくれる栄養素として有名なαリポ酸(アルファリポ酸)ですが、抗糖化・抗酸化・デトックス(解毒)などにも重要な働きをすることがわかってきました。

αリポ酸の機能・働き、アルファリポ酸が含まれる食品など。

『αリポ酸の機能・働き』の続きを読む>>

サプリメントのキャリーオーバー

サプリメントのキャリーオーバー

キャリーオーバーとは、法律上表示しなくていい成分のことで、メーカー側が自主的に表示してくれない限り、我々消費者は知ることの出来ない成分です。

サプリメントなどの食品だけでなく化粧品などの表示でも、薬事法上キャリーオーバーとして表示が免除されるものがあります。

『サプリメントのキャリーオーバー』の続きを読む>>

脳内ホルモン、セロトニンで食欲をコントロール

脳内ホルモン、セロトニンで食欲をコントロール

食欲をコントロールしているのが、脳内ホルモンのセロトニン。

セロトニンの働きを意識してすることによって、自分の食欲を理解しながらダイエットにはげむことができます。

脳内にセロトニンがたくさんあると、食欲がわかず、あまり食べたくならないのですが、セロトニンが少なくなると、甘い物がたべたくなったり、イライラしたりしてしまいます。

『脳内ホルモン、セロトニンで食欲をコントロール』の続きを読む>>

腸のパイエル板の働き・免疫力を高める!

腸のパイエル板の働き・免疫力を高める!

パイエル板は特殊なリンパ節のかたまりで、食べ物の中にばい菌が入っていたとすると、パイエル板が感知して、体の免疫細胞に指令を出してくれます。

パイエル板がうまく働かないと、免疫力が低下し、病気や体の不調を招いてしまいます。

『腸のパイエル板の働き・免疫力を高める!』の続きを読む>>

初回限定5%OFF割引クーポン掲載中!ロイヤルティクレジット5%OFF+送料無料セールも実施中
以下のリンクで割引が適用されます。
⇒ アイハーブ日本語サイト

その他にもお得な情報満載です。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

アイハーブセール情報

ページ上部へ