トップページ > 花粉症対策

花粉症対策

アレルギーの血液検査では判定不能のラスト6の重度の花粉症で、以前は鼻・目のかゆみに苦しんでいたのですが、見事克服。薬に頼らずアレルギー体質を改善した「花粉症対策」やテレビや雑誌などで口コミ・評判のいいものを紹介しています。

花粉症・子どものアトピーのためにビオチンを飲む

花粉症・子どものアトピーのためにビオチンを飲む

私自身の花粉症のため、子どものアトピー・花粉症対策で、ビオチンのサプリメントを飲むようにしています。

ビオチンはビタミンHとも呼ばれる水溶性のビタミンで、腸内細菌によって産生することもできますが、アレルギー・アトピーの人の血液中にはビオチンが不足していることも少なくなく、それによってアレルギーの症状が出ている可能性もあるそうです。

『花粉症・子どものアトピーのためにビオチンを飲む』の続きを読む>>

花粉症の原因

花粉症の原因

花粉症などのアレルギーは、もって生まれた遺伝的な要素と環境的な要素が重なって発症するといわれています。

両親がアレルギー体質である場合や、大量の杉花粉飛散・排気ガス・通気性の悪い住居・カビ・ダニ・ハウスダストなど。

花粉症の原因といわれる要素を紹介します。

『花粉症の原因』の続きを読む>>

ビーポーレンで花粉症対策

ビーポーレンで花粉症対策

ミツバチが集める花粉「ビーポーレン」には、良質なタンパク質・アミノ酸・ビタミン・ミネラル・バイオフラボノイドといわれる抗酸化物質などが含まれており、完全栄養食として様々な機能・働きが確認されています。

ダイエットやアレルギー改善などに重要な役割を果たし、疲労回復や貧血対策にも役立つビーポーレンについて。

『ビーポーレンで花粉症対策』の続きを読む>>

花粉症対策・ビオチン(ビタミンH)

花粉症対策・ビオチン(ビタミンH)

体内のビオチンが減少すると花粉症などのアレルギーを発症しやすいといわれており、アメリカなどでは花粉症・アトピー性皮膚炎などのアレルギー対策として、かなりの実績があるようです。

『花粉症対策・ビオチン(ビタミンH)』の続きを読む>>

花粉症の原因、衛生仮説とTh1とTh2のバランス

花粉症の原因、衛生仮説とTh1とTh2のバランス

後進国に比べ、先進国に花粉症などのアレルギー疾患が多い原因ついて、衛生仮説というものがあります。

ウィルスや細菌などを遠ざけた衛生的な環境がアレルギーや花粉症の原因となっているというのです。

『花粉症の原因、衛生仮説とTh1とTh2のバランス』の続きを読む>>

食生活で花粉症対策

食生活で花粉症対策

花粉症は、生まれつき遺伝子レベルで決まってしまっているアレルギー体質もありますが、食生活や生活習慣、ストレスなどで体質を改善していくことにより軽減することも可能だといわれています。

花粉症が発症する原因のひとつといわれている食生活とアレルギー体質を改善するための食事について紹介します。

『食生活で花粉症対策』の続きを読む>>

花粉症・アレルギーの強さを調べるIgE(免疫グロブリンE)

花粉症・アレルギーの強さを調べるIgE(免疫グロブリンE)

花粉症やハウスダスト・アトピー性皮膚炎などアレルギーの強さを調べる値として有効なのがIgE値。

免疫グロブリンEともいわれます。

アレルギーや花粉症の血液検査の結果に書かれているIgEの数値の大きさでアレルギーの強度がわかります。

『花粉症・アレルギーの強さを調べるIgE(免疫グロブリンE)』の続きを読む>>

コルチゾールと花粉症

コルチゾールと花粉症

ストレスを感じると分泌されるのがコルチゾールというホルモン。

コルチゾールは、免疫力や花粉症などのアレルギー、肥満、うつ病など体内で様々な悪影響を与えることがわかっています。

花粉症の薬として出されるステロイドは、コルチゾールを合成させ開発された薬で、症状の改善に即効性はありますが、花粉症を根本的に改善する薬ではないようです。

『コルチゾールと花粉症』の続きを読む>>

ヒスタミンと花粉症

ヒスタミンと花粉症

ツライ花粉症の症状を引き起こす原因ともいわれているのがヒスタミン。

花粉症で病院を受診すると、ヒスタミンの生理作用を抑制する働きのある抗ヒスタミン薬を処方されることがあります。

ヒスタミンと花粉症の関係について。

『ヒスタミンと花粉症』の続きを読む>>

全員5%OFF+初回限定5ドルOFFダブルの割引クーポン掲載中!+ロイヤルティクレジット5%OFF+期間限定40ドル以上で送料無料セールも実施中
以下のリンクで割引が適用されます。
⇒ アイハーブ日本語サイト

その他にもお得な情報満載です。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

アイハーブセール情報

ページ上部へ