トップページ > 成分で選ぶ > ビタミン

ビタミン

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、葉酸、ビオチン(ビタミンH)、ナイアシン(ビタミンB3)、パントテン酸(ビタミンB5)、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKの効果・効能、ビタミンの多く含まれる食品について

トコトリエノール

トコトリエノール

ビタミンEには、トコトリエノールとトコフェノールの2種類があり、トコトリエノールの抗酸化力はトコフェノールの40倍とも50倍ともいわれています。

『トコトリエノール』の続きを読む>>

ビタミンB2(リボフラビン)

ビタミンB2(リボフラビン)

ビタミンB2は、脂質や糖質などの代謝に欠かせない栄養素です。

皮膚や粘膜を健康に保ち、口内炎や目の充血などの予防にも役立ちます。

『ビタミンB2(リボフラビン)』の続きを読む>>

ビタミンK

ビタミンK

血液を凝固する、骨を丈夫にするのに欠かせないビタミンKについて。

植物が光合成を行う葉緑体でつくられるビタミンK1と人間の体内の腸内や納豆などの発酵食品に含まれる微生物によってつくられるビタミンK2があります。

ビタミンKの働きとビタミンKが多く含まれる食品について。

『ビタミンK』の続きを読む>>

イノシトールの機能・働き、イノシトールを多く含む食品

イノシトールの機能・働き、イノシトールを多く含む食品

小麦胚芽や米ぬかなどに含まれるビタミンBのような働きをするイノシトールについて。

イノシトールのようにビタミンと似たような働きをする物質をビタミン様物質といいます。

イノシトールは、脂肪肝の薬にも利用されています。

『イノシトールの機能・働き、イノシトールを多く含む食品』の続きを読む>>

エルゴステロール

エルゴステロール

きのこやビール酵母などに含まれるエルゴステロールは、紫外線を浴びるとビタミンDに変化し、骨を丈夫にしたり骨粗しょう症に役立つ成分です。

人間のコレステロールに相当する脂質です。

『エルゴステロール』の続きを読む>>

フィチン酸

フィチン酸

フィチン酸は、主に玄米に含まれるビタミン様作用物質で、ミネラルを強力にくっつけるキレート作用があります。

抗がん作用・解毒作用もあるフィチン酸の機能・働き、フィチン酸が多く含まれる食品について。

『フィチン酸』の続きを読む>>

ナイアシンの機能・働き、ナイアシンを多く含む食品

ナイアシンの機能・働き、ナイアシンを多く含む食品

糖質・脂質・タンパク質の代謝に重要な働きをするビタミンB群の仲間で、血行を促進し、冷え性を改善する・皮膚の健康を保つなどの働きがあります。

アセトアルデヒドの分解に役立つ栄養素で、二日酔いなどの予防にも役立ちます。

『ナイアシンの機能・働き、ナイアシンを多く含む食品』の続きを読む>>

ビタミンB6の機能・働き、ビタミンB6を含む食品

ビタミンB6の機能・働き、ビタミンB6を含む食品

ビタミンB6は、たんぱく質の代謝、皮膚や粘膜などを健康に保つ働き、つわりの軽減、PMS(月経前症候群)の軽減、精神の安定に役立つ水溶性ビタミンです。

様々な食品に含まれており、腸内細菌によっても作られることから、ビタミンB6不足にはなりにくいといわれています。

『ビタミンB6の機能・働き、ビタミンB6を含む食品』の続きを読む>>

ビタミンB1の機能・働き、ビタミンB1を多く含む食品

ビタミンB1の機能・働き、ビタミンB1を多く含む食品

ビタミンB1は、炭水化物などの糖質を代謝し、エネルギーに変えるのに大切な役割をするビタミンです。

ビタミンB1が不足すると、糖質がうまく燃焼できず、体内に蓄積してしまうので、疲労やだるさの原因となってしまいます。

『ビタミンB1の機能・働き、ビタミンB1を多く含む食品』の続きを読む>>

ビタミンDの機能・働き、ビタミンDを多く含む食品

ビタミンDの機能・働き、ビタミンDを多く含む食品

カルシウムの吸収をアップし、骨粗しょう症予防に役立つなどの機能・働きをもつ脂溶性ビタミンのビタミンD。

紫外線に当たることによって作られるビタミンDと、干ししいたけや魚介類などの食品から摂取するビタミンDがあります。

『ビタミンDの機能・働き、ビタミンDを多く含む食品』の続きを読む>>

【9/21まで】全員・全商品5%&5ドルOFFダブルの割引クーポン掲載中!+ロイヤルティクレジット5%OFF+40ドル以上で送料無料セールも実施中
以下のリンクで割引が適用されます。
⇒ アイハーブ日本語サイト

その他にもお得な情報満載です。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

アイハーブセール情報

ページ上部へ